福岡市中央区天神の中央レディスクリニックでは不妊治療を主に行う婦人科医院です。当クリニックでは女性に対して、質の高い医療の提供を目指しております。婦人科でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

不妊治療

不妊症の治療とは…

不妊症の治療とは…タイミングから一般治療

  • 1. タイミング療法
    不妊期間が短い方や不妊一般検査で異常の無い方に行います。基礎体温をもとに排卵日付近に病院を受診され、超音波検査で卵胞の大きさを測定し、排卵日を予測する方法です。そして最良なタイミングでのセックスを指導します。また、タイミングをより良くするために、ホルモン検査やhCG 注射を併用することもあります。
  • 2. 薬物療法
    一般検査でホルモン等に異常のある方や排卵に異常のある方に行います。またタイミング療法でなかなか妊娠しない方にもこの方法を行います。排卵誘発剤のクロミッドやhMGを投与して、排卵をコントロールします。また、この薬を投与することで排卵日の環境を改善します。
  • 3. 漢方療法
    漢方薬を投与して、ゆっくりと体調を整え、少しずつ機能を回復させる治療です。体にやさしく副作用も少ないことがメリットですが、現代の化学薬剤に比べて速効性はありません。効果が現れるのに半年もしくはそれ以上かかることもあり、治療を急がれる方には向かないかもしれません。

人工授精

精子の数・運動率が悪い方(男性因子)やフーナーテストが悪い方(頚管因子)に行います。
また、一般治療でなかなか妊娠しない方にも行います。
超音波検査やホルモン検査で予測した排卵日に、精子を子宮内に注入する方法です。
精子の回収法として、当院ではパーコール法を採用しています。
妊娠率は約10%強で、比較的高い妊娠率が望めます。

体外受精・顕微授精

体外受精は、卵管性不妊症男性不妊症免疫性不妊症、子宮内膜症、原因不明不妊症などの方に行います。また、顕微授精は、重度の男性因子不妊症や体外受精を行ってもなかなか受精されない方などに行います。また、本治療法は、結婚している夫婦間でしか認められておりません。

1. 体外受精(顕微授精)の方法
  • 1)排卵誘発
    体外受精を受ける1ヶ月前に来院し、ナサニールもしくはスプレキュア(ブセレキュア)の処方を受けます。この薬は下垂体からのホルモンの自然放出を抑制するものです。体外受精を行う前周期の高温7日目(long法)、または体外受精周期の月経初日(short法)から使用し、hCG注射日まで1日2回片方の鼻腔(スプレキュアの場合は1日3回両方の鼻腔)に噴霧します。1回の採卵で多数の成熟した卵子を採取し、妊娠率を上げるために、排卵がある人でも排卵誘発剤を使用します。月経3~5日目より、卵胞刺激ホルモン(FSH あるいはhMG製剤)を連日注射します。その後、超音波検査および血中ホルモン検査で、子宮内膜と卵胞発育状態のモニターを行って、十分な発育を確認した後、採卵日を決定します。採卵日が決定されれば、その前々日の午後9時30分頃に排卵を促進する胎盤性性腺刺激ホルモン(hCG)を注射します。
  • 2)採卵
    hCG注射後30~36時間後に採卵します。採卵日は朝食を取らずに、午前9時に来院され、麻酔を行った後、超音波ガイド下に、腟より採卵します。麻酔が覚めるまで、院内でお休みいただきます。通常、午後1時ごろには退院できますが、麻酔の覚めの悪い場合や痛み出血などのある場合は、そのまま経過観察していただくこともあります。
  • 3)精子の準備
    ご主人は、採卵4~5日前からの禁欲期間を守った後、採卵当日に来院し、午後11時までに精子を採取して頂きます。また、お忙しい方は、自宅での精子の採取も可能です。
  • 4)受精・培養
    採卵日当日の午後に小さな容器の中で卵子と精子を一緒にして、受精させます。顕微授精の場合は小さな針を使用して精子を卵細胞内に注入して授精させます。受精卵は子宮内への移植に適した2~5日間培養します。アシスティド・ハッチングおよび胚盤胞移植を御希望の方は、あらかじめ申し出ておいてください。
  • 5)胚移植
    卵が受精したら(胚)、受精2~5日後に、細い管を用いて胚を子宮内へ移植します。多胎妊娠をできるだけ避けるため、移植する胚は2個までを限度とします。
  • 6)受精卵の凍結
    体外受精で多くの良い受精卵ができた場合、胚移植をしない余剰卵のうちで良好なものを凍結保存し、その後の別の周期に融解して胚移植を行うことがあります。また、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)発生の危険がある方の胚をその周期では移植せずに、凍結保存し、次周期で卵巣の状態の良いときに移植し、OHSS発生の予防をすることもあります。
  • 7)黄体ホルモン補充療法
    子宮内環境を良くして妊娠しやすいように、ホルモン注射やホルモン剤の内服をします。
  • 8)妊娠反応
    胚移植後10日目以降に尿による妊娠反応を行います。
2. 費用

体外受精・顕微授精は保険が適用されず、自費診療となります。費用の目安としては以下のものがありますが、妊娠の成功・不成功に関わらずお支払い頂くことになります。

料金票ダウンロード
[PDF 95KB]
3. 成績

妊娠成功率は、その夫婦の条件(年齢、精子・卵子の質など)によって変わりますのであまり参考にはなりませんが、全国的に見て、20%前後といわれています。また、凍結・融解した胚移植の成績も同様と言われています。ちなみに、平成15年の当院での成績は約40%でした。

4. 副作用・先天性異常発生の可能性
  • 1)経腟超音波ガイド下採卵は安全性が高く、障害を起こすことはほとんどありませんが、血管や腸を破損したという報告が希にあります。この際、手術が必要となる場合があります。
  • 2)妊娠した場合でも、約20%に流産の可能性、約3.8%に子宮外妊娠の可能性があります。また、この場合、手術が必要となる場合があります。
  • 3)妊娠率を良くするために複数個の胚を子宮内に移植するため、10~20%に多胎妊娠の可能性があります。
  • 4)体外受精・胚移植とともに凍結・融解胚移植で生まれた児に、先天性異常が多いとする報告はありません。追跡調査でも身体、精神、運動機能の発育状態は正常範囲内にあると報告されています。

手術療法

  • 1. 腹腔鏡
    4~5年以上の長期不妊の方、診察や子宮卵管造影などで卵管周囲の癒着や子宮内膜症が疑われる方、多嚢胞性卵巣による排卵障害の方、卵巣嚢腫や子宮筋腫の方などに行います。おへそのくぼみの部分に1.2cmの小切開を加え、そこから望遠鏡のような腹腔鏡をおなかの中にいれて、検査・手術を行います。5~7日間の入院が必要です。おもに、浜の町病院、福岡山王病院などを利用しております。
  • 2. 子宮鏡
    超音波検査や子宮卵管造影などで、子宮内腔に筋腫やポリープなどが疑われる場合や内腔に癒着が疑われる場合、体外受精・顕微授精でなかなか妊娠しない場合などに行います。胃カメラの様な細いファイバースコープを子宮の中に入れて、子宮内部を観察します。ポリープや癒着を認めた場合は、手術を行います。日帰り手術です。
  • 3. 卵管鏡(卵管開口術)
    子宮卵管造影で卵管が間質部や峡部で閉塞している場合に行います。凧糸位の太さの卵管鏡を子宮側より挿入し、その先端部に付いたバルーンを膨らませることで卵管を拡張し、癒着を剥離します。80%の卵管で開通することができ、開通した方の40~50%で自然妊娠に成功しています。
    卵管鏡下卵管形成術について詳しくはこちら
  • 4. 開腹手術
    子宮筋腫などで受精卵の着床が障害されていると疑われる場合、卵巣嚢腫などで採卵が障害されていると疑われる場合などに行います。お腹を開けて、手術します。約2週間の入院が必要です。おもに、浜の町病院、福岡山王病院などを利用しております。授精させます。受精卵は子宮内への移植に適した2~5日間培養します。アシスティド・ハッチングおよび胚盤胞移植を御希望の方は、あらかじめ申し出ておいてください。

卵管鏡下卵管形成術(FT)のご案内

以前は、卵管閉塞の治療として、開腹手術による卵管開口術や体外受精が選択されていました。
近年、内視鏡手術の進歩により、子宮の入り口からアプローチして、卵管内部の癒着を治療する卵管鏡下卵管形成術が開発されました。身体への負担も少なく、卵管を元の太さへ戻すことで自然妊娠への道が開けます。

適応:子宮卵管造影で卵管閉塞や狭窄の認められた場合

適応のある場合は、医師が手術をお勧めいたします。但し、卵管采(卵管の先端部分)付近で閉塞している場合や、お腹の中でひどい癒着が予想されて、自然妊娠が困難な場合は、お腹からアプローチする腹腔鏡を選択し、この手術の適応にはなりません。
また、FTバルーンが様々な原因により卵管内にうまく挿入できない場合があります。うまく挿入できても卵管内の癒着が強くて再開通できないこともあります。

効果:卵管を開通させ自然の状態に戻すことで、自然妊娠や人工授精による妊娠が期待できます。
内視鏡で卵管内部の状態を観察することで、自然妊娠の可能性を評価することができます。

この手術で75.5%の卵管が再開通します。術後1ヶ月して再び卵管造影を行います。卵管造影後に卵管通過を確認できた最終的な卵管通過率は53.3%です。FT実施後の一般治療(タイミング・人工授精など)での妊娠率は、53.8%です。FTを受けてから妊娠までの期間は、3~4ヶ月が平均となっております。
妊娠される方の90%は、術後6ヶ月以内です。
この手術で開通できない場合、術後すぐに再閉塞した場合は、患者様の状況に応じて、体外受精などの治療変更を相談することになります。

麻酔:通常は局所麻酔で行います。痛みに応じて静脈麻酔を追加することがあります。

副作用:麻酔に伴う危険は他の手術と同程度です。腹腔内に出血をおこし、入院を必要とする可能性がまれにあります。手術後に腹痛や少量の出血、発熱を伴う可能性があります。妊娠された場合の子宮外妊娠の可能性はありますが、自然妊娠と比べ有意に高いものではありません。

卵管鏡手術について

細い内視鏡(卵管鏡)を内蔵したカテーテルを膣から子宮へと挿入し、卵管に近づけます。
カテーテルに内蔵した風船(バルーン)を膨らませて、卵管内へ進めます。
さらに閉塞部まで進めて、詰まっているところを広げます。
バルーンを回収する際、卵管内の様子を、卵管鏡を使って観察します。

手術の手順
  • 1)手術当日は、起床後より絶飲食をお守りください(安全な麻酔のためです)。
  • 2)予約時間に来院し、受付で診察券・同意書・体温表をお出しください。
  • 3)手術前後にお休みいただく、安静室に案内の後、手術ガウンに着替えていただきます。
  • 4)準備が整いましたら、手術室にご案内し、手術を行います。手術時間は30分くらいです。
  • 5)術後2~3時間安静の後、医師より卵管内の状態・今後の治療方針についての説明があります。
  • 6)退院後も麻酔の影響が残る場合がありますので、来院の際は公共交通機関でおこしください。
  • 7)1週間後に来院し、術後の状態を確認いたします。
  • 8)1ヵ月後に、再度卵管造影を行い、卵管の再閉塞の有無を判定いたします。
手術時・手術後の痛みについて

患者様に卵管内の状態をリアルタイムで確認していただくため、原則として局所麻酔で手術を行います。卵管内をバルーンが通る時や、卵管内の通りを良くする薬液を流す時に痛みがありますが、卵管が開通する自覚症状ですので、頑張って乗りきってください。
痛みは個人差がありますが、全く痛くない、生理痛  みたい、お腹を壊したときみたいなど様々です。
ご希望により、静脈麻酔をいたしますが、その場合はリアルタイムの映像はお見せできません。
術後は、痛みがあっても15分位で消失いたします。痛みが強い場合は、痛み止めの座薬を使用します。

手術後の注意事項

感染予防のために抗生剤の薬を処方しますので、夕食後より服用してください。
手術当日は安静にしていただき、入浴は控えてください(シャワー浴は構いません)。翌日からは、日常生活が可能です。
3~4日は少量の出血があるかもしれません。
術後の性生活は、翌日からのタイミングをお取りいただいて構いません。卵管が開通した方から排卵している場合は、積極的に試みることをお勧めいたします。

料金について

この手術は保険適用です。
片側卵管形成術(11万円)  両側卵管形成術(22万円)

※両側に実施した場合は高額療養費制度の適用となるため、ご自身で手続きされると3ヵ月後には自己負担85,000円を超える分(所得により返還額は異なります)が返還されます。
※FTを試みたが、卵管口にカテーテルが入らず不成功だった場合でも、使用器具が使い捨てのため、片側分の料金11万円をお支払いいただきます。
※民間保険の入院・手術保険の支払いの対象となりますので、診断書が必要な場合は、当日持参し、受付に提出してください。(加入されている保険の種類によっては該当しない場合もありますので、あらかじめご確認ください)

ページトップに戻る